CB400スーパーフォア 買取

CB400スーパーフォアの買取額を上げるには?

CB400査定

バイクの査定額は、走行距離や年式など
個々のバイクの状態により変動しますが、
何より価格を左右するのはバイクの車種です。

 

車種の人気の高さによって買取金額も上下します。

 

ホンダのCB400SFは、
教習所でも使われているバイク業界で評価が高い車種です。

 

そのため査定額も高額になりやすいと言えます。

 

ただし、人気車種であれば高くなるかというとそうではありません。

 

価格は需要と供給によって決まるので、
ヤマハSR400のような人気はあっても
供給量も多い車種は査定額も低くなってしまいます。

 

 

CB400SFの買取相場の目安は下記の通りです。

 

CB400SFレボ 45万円
CB400SF Version S 18万円
CB400SFVtec3 38万円

 

※買取業者や車体の状態によって価格は変動します。

 

CB400SFの売り方

 

バイクの優等生CB400SFは信頼のホンダだけに
よほど乱暴に乗っていない限り値崩れしにくい車種です。

 

しかし、状態が良くても売り方によって
買取額が変わってくるのがバイク査定の難しさ。

 

ここでは、CB400SFの買取額を最大にするための方法を紹介します。

 

はじめにバイクを売るルートとしては、主に2つあります。

 

  1. 自分で売る
  2. バイクショップに売る
  3. バイク買取業者を使う

 

各ケース別に見ていきましょう。

 

バイクを自分で売る

 

「自分で売る」というのは、
ヤフーオークションなどで直接売ってしまうことです。

 

知人に売るのもこのケースです。

 

これは仲介手数料が発生しないので、
上手くやれば利益が大きくなります。

 

しかし、オークションの登録が煩雑なため
売るところまで行けなかったり、
やっと出品できても知識が無いと
安く買い叩かれたりといったリスクがあります。

 

また、一番のリスクは売った後でクレームが入ることでしょう。

 

これもバイク知識が豊富で修理などの対応ができれば別ですが、
そうでないならば面倒なトラブルに発展することがあります。

 

バイクショップに売る

バイクショップ
馴染みのバイクショップがあるなら、
そこに売ることもできるでしょう。

 

売ろうとしているバイクを買ったショップであれば、
親切に対応してくれる可能性が高いです。

 

顔なじみのショップであれば、安心できるのもメリットです。

 

ただし、ショップの場合、買取額は低くなる傾向にあります。

 

バイク買取業者を使う

バイク査定業者

バイク買取業者を使うメリットは、
早く簡単に売却できることです。

 

連絡すると、すぐに出張査定に来てくれて、
売却に伴う煩雑な手続きも代行してくれます。

 

しかも流通ルートを持っていることから
町のバイクショップに持ち込むよりも
買取額が高くなる傾向にあります。

 

デメリットとしては、仲介で中抜きされる分、
自分で直接売るよりも利益が減ってしまうことです。

 

ただ、前述したように、直接売るとなると
トラブルが発生するリスクがつきまといますし、
その上、安く買い叩かれる可能性もあるので、
多少の仲介手数料を払っても
買取業者に任せられるメリットは大きいと言えます。

 

結局、どこで売れば良いの?

 

もし、あなたがバイクの知識が豊富で、
「そのバイク買うよ」
と言ってくれる知人がいるなら
直接売るのが最も有利と言えます。

 

ただ、それは稀なケースであり、
実際、8割以上の人がバイク買取業者に依頼しています。

 

他の売り方に比べて、大手のバイク買取業者は

 

  • 流通ルートを持っているので買取額が高くなりやすい
  • あらゆる車種に対応していて、引き取れないということが無い
  • 面倒な売却手続きを全て代行してくれる
  • スタッフが買取に慣れている

 

といった点で一歩抜きん出ています。

 

バイクを高く売るタイミングは?

 

バイクは季節に影響される乗り物です。

 

猛者は一年中乗っていますが、
たいていのライダーは雪や凍結の無い春から秋に乗ります。

 

そのため、バイクに乗りたい人が多い春〜秋は買取額も上がり、
冬は下がる傾向があります。

 

 

しかし、「冬に売るぐらいであれば、春まで待とう」というのは間違いです。

 

バイク買取失敗

 

なぜなら、バイクは経過年数で買取額が変わってくるので、
時間が経てば経つほど安くなってしまうからです。

 

車検の残り期間が短くなることでも減額していきます。

 

つまり、お持ちのバイクを最も高く売るためには
できるだけ早く査定してもらうのが重要です。

 

バイク売却に必要なもの

 

バイクを売る際には以下のものが必要になります。

 

  1. 登録書類(車検証、軽自動車届出証、標識交付証明書等)
  2. 本人確認書類(主に運転免許証)
  3. 自賠責保険
  4. 委任状
  5. 譲渡証
  6. 認印

 

自分でバイクを売る場合には、
上記の必要書類を準備しておきましょう。

 

バイク買取業者に依頼する場合は、
必要書類の用意や手続きを全て代行してもらえます。

 

また、必要書類を紛失している場合は
再発行書類も用意してくれます。

 

全て無料で代行してくれるので、そちらを利用すればOKです。

 

バイク買取業者のこうしたサポートの手厚さなども
多く利用される理由になっています。

 

CB400SFの買取額を上げる方法

 

ここでは、バイク知識の無い方でも
バイク査定を有利にするテクニックを紹介します。

 

傷を修復しないでおく

 

傷があると当然、査定額は下がります。

 

しかし、だからといって素人が修復やパーツ交換をすると
かえってマイナスになることがあります。

 

修理代は査定額に上乗せされるわけではないので、
仮に修復したことによって査定額が上がったとしても
修理代の方が高くつくケースも少なくないのです。

 

パーツを残しておく

バイク査定

パーツ交換をしてあるバイクの場合、
交換済みの純正パーツも捨てずに取っておきましょう。

 

使っていない改造パーツもあるとなお良いです。

 

パーツを揃えておくことで
買取業者がより高く売れる組み合わせを選びやすくなります。

 

パーツは純正と改造どちらが良いとは一概には言えません。

 

主婦や年配者、通勤通学に使う人が多く買う車種であれば、
純正の方が買取額は高くなります。

 

一方、バイク好きが乗る車種であれば、
改造パーツによって買取額が上乗せされるケースもあります。

 

どちらが良いかは自分で判断せず、
業者に選択肢を与えられるようにしておくのが堅実です。

 

洗車・メンテナンスをしておく

バイク査定業者

これは言うまでも無いですね。

 

バイクの状態を良好に保っておくことで査定に良い影響が出ます。

 

ステッカーなどを貼っている場合は、
傷をつけないように剥がしておく方が良いでしょう。

 

また、メンテナンスは日頃の注意が重要です。

 

売りに出す直前になって車体の状態を良くするのは無理ですし、
修理に出すと費用の方がかかります。

 

普段からバイクをいたわり、
故障や不具合が出たらマメにメンテナンスしておきましょう。

 

売却を先伸ばしにしない

 

バイクは年式や残りの車検期間によって価格が刻一刻と変わります。

 

愛車を手放すのは少なからず抵抗があるかもしれませんが、
売却を検討しているのであれば、できるだけ早期に査定に出しましょう。

 

やりがちなミスが売るタイミングに固執することです。

 

確かにバイクの相場には波があり、
バイクに乗りやすい気候の春から夏が最も買取相場が上がります。

 

しかし、仮に売ろうとした時期が冬だった場合、
翌年の春まで待つことで車体そのものの査定額が下がり、
結局、当初よりも査定額が低くなってしまうこともあります。

 

維持コストなども考えれば、
バイクはできるだけ早く売った方がお得であることが多いのです。

 

複数のバイク買取業者を利用する

 

上記の方法を全て試したとしても
最終的に査定額を決めるのは買取業者です。

 

もし、悪徳業者に頼んでしまった場合は
正当な価格より遥かに安く買い叩かれる可能性もあります。

 

きちんと査定をしてくれる業者であっても
一社だけに見積もりを頼むと
査定額は最低ラインのままになります。

 

売る相手が一社しか無ければ、
あなたはそこに売るしかないのですから、
立場が弱いわけです。

 

そのため査定に出すときは
複数の買取業者に見積もりを依頼し、
業者間での競争を起こさせましょう。

 

バイク買取業者

 

一社だけの場合であれば、
最低ラインの買取額で終わるところが、
他の業者がいると、それよりも高い査定額を出します。

 

査定額とは業者の利益を見込んだ買取額なので、
あとは業者が自分たちの利益をどれだけ削って、
そのバイクを仕入れるかの問題です。

 

一社だけの場合は、その利益を削る必要はありませんが、
他の業者が少しでも高い金額を付ければ、
多少利益を減らしても買取額を上げようとします。

 

仕入れられなければ利益そのものが出ないからです。

 

そうして、全ての業者がこれ以上は絶対に出せないという金額、
つまり最高額が自然と弾き出されます。

 

その交渉をあなたが独力でやるよりも
業者同士でさせた方が楽で確実です。

 

 

 

コラム

 

CB400スーパーフォアはホンダから発売された400ccのネイキッドバイクに分類されるものです。

 

1992年から発売され、みなに馴染みがあるのは中型バイク免許の教習用のバイクであったことが大きいはずです。

 

ある程度の人気は保っていますが、中型免許で乗れる最大排気量です。

 

では、早速他メーカーの同じネイキッドタイプ、400ccで買取額の比較をしてみようと思います。

 

その前に、400ccはご存知の通り、中型免許で乗ることの出来る最大排気量であるのですが、250ccと比べ、一番ネックになるのが車検制度です。

 

もちろん、2年ごとに受けなければならず、一番簡単な車検でも6万円程度費用がかかってしまいます。

 

また、車検を取らなければならないとなると、CB400の上位機種である、750ccや1000ccの方へお客さんが流れてしまうといったこのバイクのジレンマがあります。

 

この点も買取に影響してきますので注意が必要です。では、買取相場を見る前に、一応新車価格も参考に入れておきます。ホンダはCB400スーパーフォアを選択します。

 

CB400スーパーフォア買取相場比較

 

新車価格70万円、53馬力です。スズキGSR400は、新車価格82万円、61馬力、ヤマハMT-1は51万円、42馬力です。値段に差があるのは、特にホンダのCB400スーパーフォアはCBの中でも上位機種だからです。

 

距離は平均的な2万キロ台で無事故を条件にすると、相場は35万円です。

 

400ccは乗りつぶすユーザーが多い為どうしても走行距離の多いバイクが目立ちます。

 

また、ネイキッドの為、こけると車体本体にそのまま傷がつき下手をするとフレームがまがるったり、嫌われるのがタンクの傷、さびです。

 

これをクリアしたら買取額相場はぐんとアップします。

 

新車が70万程度と非常に高額ですので標準よりも走行距離が少ないか年式が新しくなれば40万円台も夢ではありません。

 

次にスズキのGSR400ですが、走行距離3万キロ前半、10年落ちで約35万程度です。

 

こちらは新車価格が高いことがそのまま買取相場に反映しているといえます。

 

ヤマハMT-1は新車が発売されて間もない為、年式が古いことはありません。

 

走行距離も少ないものが目立ち50万円を割ることは無いです。但し、比較にはどれも無事故車の条件付です。

 

CB400スーパーフォアの買取額を上げるには?

CB400買取

400ccは丁寧に乗れば10万kmも平気です。

 

大事に乗ればそれほど値段は下がりませんので維持に問題が無ければ乗り続けたいバイクです。

 

実際7万キロ程度であれば中古バイクとして十分流通していますし、販売価格も新車の半額以下です。

 

総括して、歴史の長さ、人気を考えるとホンダCB400スーパーフォアの値段が安定しています。

 

しかし、査定を依頼する店によって価格は大きく変わりますので、車の一括見積もりサイトを活用し、最も高く買い取ってくれる店を選びましょう。