バイク 買取

バイクを高く売るテクニック

バイク買取

バイクの買取額を1万円でも高くするテクニックを紹介します。

 

はじめに、バイクを売るルートは主に以下の2通りです。

 

1、自分で直接売る

 

2、買取業者に売る

 

 

1は、ヤフオクなどで直接売ってしまうケースです。

 

知人に売るのもこのケースに当てはまります。

 

直接自分で売ると手数料や仲介料が発生しないので、
実質の買取額はこのパターンが一番高いと言えるでしょう。

 

 

ただし、直接売るためには車体についての知識が必要です。

 

そうしないと安く買われてしまうこともありますし、
買った人と後からトラブルになるリスクもあります。

 

つまり、何かと手間がかかるわけですね。

 

手間を惜しまず、知識にも自信があるのであれば、
ヤフオクなどで売ると良いでしょう。

 

 

手軽に売るなら業者を使う

 

 

しかし、たいていの方は
バイクについてプロ並み知識を持っていませんし、
あまり時間や手間をかけたくないと思います。

 

だからこそ、バイク買取業者がいるわけですね。

 

では、バイク買取業者を使う場合、
買取金額を上げるために何をすべきかというと、
次の3点は押さえるべきです。

 

  1. 相場を知っておく
  2. 売り焦らない
  3. 交渉する(ゴネる)

 

 

1、相場を知っておく

 

バイクや車の買取業者は、
買取金額と転売する金額の差額が儲けになります。

 

なので、できるだけ、あなたから安く買おうとするわけです。

 

良心的な買取業者であっても、そのスタンスは変わりません。

 

がめつい業者になると、二束三文で吹っかけてきます。

 

その時、自分のバイクがどれくらいで売れるのか相場を知らないと、
業者の言い値で売らなければならなくなります。

 

大損をしないためにも業者の見積もり金額に対して、

 

「でも、このバイクの相場は、●●万円ですよね」

 

と言い返せるようにしておきましょう。

 

 

2、売り焦らない

バイク査定

あなたが相場を持ち出した時に業者が言うことは決まっています。

 

傷や故障部分などの瑕疵を理由に
相場ほど値は上がらないと言ってきます。

 

これに関しては、ケースバイケースになるため
一概に業者が吹っかけているとは言えません。

 

実際、傷があれば、
業者が売る際も値下げせざるを得ないからです。

 

しかし、それでも大幅に値引きして
見積もりを出している可能性もあります。

 

その場合は、「その金額では売れない」ときっぱり断りましょう。

 

「その場で売らなければならない」

 

と考えていると、
あなたの方が立場が弱くなるので、業者が有利になります。

 

 

逆に、「売らない」という選択肢を持つことで
業者の方が妥協せざるを得なくなるのです。

 

「売らない」と言うことで、業者は買取額を上げて交渉してきます。

 

上司に聞いてみると言って、電話をしたらしめたものです。

 

 

3、交渉する(ゴネる)

 

ゴネるというと印象は良くないですが、
例え、値上げをしてきたとしても
それが納得いかない金額であれば、
買取に応じないのも手です。

 

業者側がまだまだ余力を残した買取額を
提示をしている可能性があるからです。

 

ただし、本当に上限額を提示しているのに断ってしまうと、
バイクが売れなくなってしまいます。

 

この辺りは、自分のバイクの状態を見ながら交渉しましょう。

 

 

交渉が苦手なら業者同士で競わせよう

バイク見積もり

上記からも分かるようにバイク業者はタフです。

 

気弱だったり、交渉が苦手だったりすると、
なんだかんだで安く買い取られてしまいます。

 

交渉に自信が無い場合は、
複数の業者に見積もりを出させましょう。

 

 

それにより経済原理が働き、買取額が上がります。

 

業者同士ですから、
そのバイクの最大買取額は分かっているため
下手に安い見積もりを出すと
他者に持っていかれることが分かるわけです。

 

なので、バイクを査定に出す際は
複数の業者に依頼すると
労力を減らして買取額を上げられます。

 

デメリットとしては、複数の業者を呼んでおいて
「やっぱり売らない」とは言いにくいことですね。

 

それでも競合させることで、買取額はMAXになりますから
そこで売らないメリットは無いはずです。

 

 

複数業者に見積もらせる場合は、
自分で買取業者を一件ずつ回っても良いですし、
手間や時間をかけたくないなら
一括査定サイトから申し込むと良いでしょう。